コニログ〜心地良く暮らしたい人〜

コニログは 『大好きなモノに囲まれ、心地良い、頑張らない暮らし』を目指すモノマリスト(@coniiitan)のファッション×ライフスタイル ブログです。快適・機能的・長く使える”こだわり”のモノやライフスタイルについてお届けします。

【効率的】ズボラ大歓迎!引き出しのない暮らし!

引き出す手間をなくして楽にする。

 

現在妻と団地で二人暮らしをしています。

持ちモノは共有、妻、自分のモノがあります。

自分の持ちモノの置き場所や収納の方法は、普段の動きを意識してなるべく効率的になるように設計しています。

 

 

 効率的な収納

【玄関】

f:id:conilog:20190812111426j:image

靴箱の上に収納スペースがあります。基本ここで全て出し入れをします。

鍵や財布、時計など。さっと取ってポケットに入れて出かけられる、帰ってきたらポケットから出して置く。
充電器やワイヤレスイヤホン、カメラもここです。ここでカバンから出し入れ。
最近書類関係もここに置くことにしました。郵便物をチェックして必要なものはここに残し、不要なものは破棄。

後は夏なので日焼け止めや制汗スプレーも置いています。

f:id:conilog:20190812125340j:image

靴を脱いで一歩で、カバンを掛けます。なるべく最小限の動きで身軽になれるようにしています。

 

【寝室】
f:id:conilog:20190812111501j:image

寝室の収納スペースは妻と半分ずつ使っています。写真は自分のスペース。

寝るときに使うモノは顎関節症を治すためのマウスピース。
夜勤のある仕事をしているので昼間に寝る際に使用するアイマスク。

個人的なアイテムはこの2点。寝る時に必要なモノだけを置いています。

プロジェクターは寝ながら壁に映して、DVDを見るようです。黒のブタはアースマットです。これは共用アイテム。

 

【衣類の置き場所】

f:id:conilog:20190812111630j:image

物干し竿がある隣の部屋に自分のハンガーラックを置いています。

この部屋にしたのは洗濯機から干すまでを最短で動けるようにしたかったからです。

f:id:conilog:20190812125525j:image

f:id:conilog:20190812125553j:image

(洗濯機から部屋までの視点)

ハンガーラックはこんな感じ。

f:id:conilog:20190812125454j:image

普段着は干して乾けばそのままラックに掛ける。

下着類は無印良品の吊るせる収納・シャツポケットに畳まずにそのまま放り込む。

部屋着類も左下のボックスに畳まずにそのまま放り込む。

ニットや伸びやすい洋服は畳んで右下のボックスになおす。

 (このハンガーラックは長いコートも吊るせて、値段も安くてオススメです。見た目も良い!)

 

洗濯した衣類をこの部屋でハンガーに掛けるので、外に出なくても洗濯、干す、取り入れる動きができます。畳むもの、畳まなくてもいいものも決めています。

基本僕はめんどくさがりです。 

www.conilog.work

 

引き出しを持たない

写真を見て気づいてくださった方もいらっしゃるかもしれませんが、僕の収納には引き出しがありません。

f:id:conilog:20190810020213j:image

(昔は4つの引き出しを使っていました)

 

お気に入りのモノだけ残した結果、引き出しが必要なくなりました。

引き出し収納のメリット
  • たくさんのモノを収納できる。
  • 中身を見えないようにできる。
  • 日焼けやホコリから守ることができる。

モノを多く持ちたい方には必ず必要になってきますし、家にもたくさんあると思います。お客様が来た際に散らかったモノをとりあえず引き出しに入れとけってことありますよね。(うちの母親はそのタイプでした笑)

引き出し収納のデメリット
  • 見えないことでモノの量が把握できなくなる。
  • 収納できるという気持ちが無駄な買い物を増やす。
  • 引き出しそのものが家のスペースを減らす。

収納を増やすということは、モノを置くスペースの余白を増やすことになります。スペースの余白があると埋めてしまいたくなるのが人間です。するとどんどんモノが増えます。

モノを減らしたいと考えるなら、まずは引き出しなどの収納スペースを減らし、限定することをオススメします。

 

でも引き出しはあります。

とはいえ妻と共有のモノは引き出しに入れています。

f:id:conilog:20190810020632j:image

テレビ台が引き出しになっているので、ここに共有のモノを入れています。リモコン類、爪切りやティッシュ箱、DVDなど。

ここにしか引き出しがないので、共有のモノを探すことはありません。場所は一択です。

 

まとめ

  • 普段の動きの流れと収納を組み合わせると効率的な暮らしができる。
  • モノをそのまま置くことが一番出し入れしやすい。
  • すべてを丁寧にしないことも効率アップの方法。
  • 引き出しはモノを収納するだけではなく、増やすためのスペースにもなる。
  • 引き出し自体が家にとってのモノになる。
  • モノを減らすなら引き出しなどの収納を減らそすのも一手。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました😊