コニログ〜心地良く暮らしたい人〜

コニログは 『大好きなモノに囲まれ、心地良い、頑張らない暮らし』を目指すモノマリスト(@coniiitan)のファッション×ライフスタイル ブログです。快適・機能的・長く使える”こだわり”のモノやライフスタイルについてお届けします。

ミニマリスト彼氏とそうじゃない彼女の同棲事情(暮らし編)

ミニマリスト彼氏とそうじゃない彼女の同棲事情(はじまり編)に続き(暮らし編)です。

f:id:conilog:20190603155744j:image

 

 同棲生活も8ヶ月目に突入しました。一緒に暮らしてみてミニマリストとして個人的に感じたメリット、デメリット、僕なりのアドバイスを書いていきます。

 

結論から先に言うと、ミニマリストの方がそうじゃない方と一緒に暮らす時って普通の人の何倍も負担に感じるんじゃないかなぁと思います。

 

最小化、最適化している分、モノの量や行動の量、選択する量が少ないからです。単純に二人分とは感じないでしょう。

 

【メリット】

客観的に見てくれる

お互い洋服が好きなので似合ってると言ってくれたり、アドバイスをくれるのはありがたいです。そういう風に見られるんだと勉強になります。シンプルかつ制服化、定番化するからこそ他人から良いと言われるものを着たり、持つとさらに自信がつきますよね。

好きなものだけ、に加えて好きな人というフィルターが増えることはいいことかなと思っています。

食事を作ってもらえる

これは完全に個人的なこと、かつお相手にもよるのですが、一人暮らしの時は面倒くさがりなので結構な割合でざるそばばかり食べていました。
栄養面が全然ダメだったので、体調も良くは感じていませんでした。(一応管理栄養士の資格持っているのですが。なんせ面倒くさがり笑)
今はたくさんの野菜やいろんな種類の料理を作ってくれて、食べるようになったので体調も良くなっているかなと感じます。あと、作ってもらえる嬉しさを知って自分も料理をするようになりました。
f:id:conilog:20190603160625j:image

(いつも美味しいです。ありがとうです。)

 

職場ではドライな性格だと言われる(自分では思っていない)僕が思うメリットです。

 

【デメリット】

これは一言で言うと余白が減るです。

時間、空間、感覚、いろんな要素で余白が減ります。

モノが増える

一緒に暮らすことで自分が住む場所にモノが増えます。(量は相手による)

一般的な家具、本や食器、雑貨など。

僕の場合は本棚やテレビ、テレビ台、ソファが増えました。

f:id:conilog:20190603155904j:image

(青色の囲みが僕の本。つまり本棚と本の数がかなり増えた。)

収納が増える

一見いいことそうですが、収納が増えるとそれを埋めたくなってしまうのが人間です。そうすると結果的にモノがさらに増えます。
必要以上に収納が増えないよう、家具を選ぶときはそっとデザインや価格を推すようにしましょう(笑)

収納スペースは確かに余白ですが、あればあるだけ埋めると大変なことになります!

家事が増える

掃除や買い物、洗濯の時間が増えます。

掃除であれば広さやモノが増えるので負担が増えます。

買い物であれば買う量や運ぶ負担が増えます。

洗濯であれば洗濯の頻度や干す量が増えます。

最初にも言いましたが、ミニマリストの方ってモノの量がミニマリストじゃない人よりも半分とか、もしかしたら何分の一の量しかないんじゃないかと推測できます。
なので、単純に倍ではなく、ミニマリストの方は3倍以上ぐらいになると思っていた方がいいと思います。

モノや浪費時間が増えるので、空間や時間の余白が一度崩れます。また、それらが生み出す音や存在に感覚的な余白も削られます。

大げさな言い方ですが、ミニマリストを目指した時に余白と向き合った結果感じる部分も多くなってしまいました。

僕なりのアドバイス

置き場所のルールは決めておこう

共有で使うモノの置き場所は決めておいた方がいいです。リモコンや食器、掃除道具など。

後はこの場所にはモノを置かない、床には出しっぱなしにしないとか。

この辺りが乱れるとお互い結構ストレスになります。

ミニマリストフィルターで相手を見ないようにしよう

モノが多いなとか、増え続けてるなとか思っちゃいけませんよ。聞かれた時だけ答えましょう。

モノは少なくするべき、最適化するべき、なんてミニマリストの自己満足ですから。

「べき」を心の粗大ゴミで出しちゃいましょうね。疲れちゃいますよ。

自分の最適化をアップデートしよう

ミニマリストって自分の最小限を知り、最適化ができる人、そして意識的に余白を作り、大切にしている人だと思います。

共に暮らすことでモノが増え、余白も減ります。なので共に暮らしてから一度自分の最適な感覚をアップデートするのを推奨します。二人暮らしでの自分の最適化を見つけましょう。

一人暮らしの時のこだわりを持ち続けるのはしんどいです。

自分だけの持ち物を意識をしよう

モノの少ない生活をしていると、どうしても相手の持ち物が目に入ります。

共有の棚やテーブル、ソファなども増えることもあるでしょう。

でも、自分だけの持ち物の数は増えていないんです。

同じ空間にあっても、きちんと自分のモノと認識できれば、それほど苦には感じません。

 

最後に

一緒に暮らして8ヶ月で自分が感じたことです。

いろいろ感じることはありますが、結局は好きな人と一緒に暮らせることがなにより幸せで尊いです。

なんじゃそりゃな締めですが、今後も暮らしの中で気づいたこと、同棲前に意識しておいた方がいいことがあれば発信していきたいと思います。

  

 

最後までお読み頂きありがとうございました😊