コニログ〜心地良く暮らしたい人〜

コニログは 『大好きなモノに囲まれ、心地良い、頑張らない暮らし』を目指すモノマリスト(@coniiitan)のファッション×ライフスタイル ブログです。快適・機能的・長く使える”こだわり”のモノやライフスタイルについてお届けします。

手放した洋服から考えること。

こんにちは。ミニマリストコニーです。

 

今回はゆるミニマリストの僕が断捨離で残した洋服ではなく、手放した洋服を紹介します。

そしてそこからなりたい自分を考察します。

f:id:conilog:20190524011747j:image

 

ちなみに先に言うと残した洋服は白、ベージュ、グレー、ネイビー、かつ無地のアイテムがほとんどです。

以前の僕はどのような洋服を着ていたのだろうか…。

 

①色の鮮やかなトップス

 

以前は赤や緑、黄色や青といった明るめの洋服をたくさん着ていました。

どこかにアクセントとして色を使うのが好きでした。お洒落に見えるかなと思っていましたし。今も上手な色合わせをされている方を見るとお洒落だなーと思いますが、自分ではしなくなりました。

f:id:conilog:20190524014919j:image

(赤い。元気そう。)

f:id:conilog:20190524012800j:image

(黄色に緑。野菜好きそう。)

②黒の洋服

 

黒のアイテムも好きで、特にアウターやズボンは結構な頻度でコーディネートのどこかに入っていました。全身黒というのもクールかつ男らしいと思い好きでしたね。黒を嫌いになった訳ではなく、他の色を着ている方が落ち着くと感じるようになりほとんど手放しました。

f:id:conilog:20190524013113j:image

(アウターは黒多かったです。)

③柄のあるアイテム

 

柄やイラストの入ったものもほとんど手放していました。これも黒と同様に柄やイラストが嫌になった訳ではなくて、無地に対して心地よさを感じるようになったからです。

④小物類のアイテム

 

帽子やストール、アクセサリー関係もほとんど手放しました。赤のリングやカラフルなマフラーをモノトーンなスタイルに加えるのが好きだったんですが変わってしまいました。

f:id:conilog:20190524013906j:image

(真っ黒のコーディネートにこれとか好きでした。)
f:id:conilog:20190524013911j:image

(こんな雰囲気のマフラーやストールも何個か持っていました)


腕周りのアクセサリー、帽子、カバンなど残っているものはすべて黒です。こういったものは黒だけを残しているところが面白いですね。コーディネートを引き締めてくれる役割をお願いしています。今の自分ににはそれ以外の役割の小物はいらないです。家事でも仕事でも洋服でも役割分担って大事。

 

⑤似たようなアイテム

 

「また同じようなの買って!」と言われたことありますか?実家に住んでいる時におばあちゃんや母親からよく言われました。「素材がちゃうねん」「シルエットがちゃうねん」など言い訳しながら似たようなアイテムを色々持っていました。
そういったアイテムも厳選しました。似たようなものを買っても結局同じものばかり着ていたので。

それにしても明確な理由なく同じようなもの買う心理ってなんなんでしょうね。安心感、収集癖、ストレス発散などでしょうか。

 

⑥化学繊維使用の肌着

 

これは肌着に限っての話です。スポーツをやっていたので速乾性のある素材や、ユニクロのエアリズムなどを持っていたのですが手放しました。家でくつろぐ時や寝る時は綿100%のTシャツ(無印かユニクロ)を着るようにしています。肌に優しい、良質な睡眠にオススメと聞いたのが理由です。

 

まとめ

 

手放した(引き算した)ものからの考察。(→が結果どうなりたかったか)

 

・鮮やかな色や柄のあるもの、小物類

→落ち着いた雰囲気。服選びの時間や思考に掛かる負担を減らす。

・黒の洋服

→爽やかさ。優しい雰囲気。

・似たようなアイテム

→罪悪感、ストレスからの解放

・化学繊維使用の肌着

→良質な睡眠。

 

手放したものからなりたい自分を考えるのも自己分析の一つとして楽しかったです。

今後のもの選びの基準や、生活の見直しのヒントにもなりますね。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました😊