コニログ〜心地良く暮らしたい人〜

コニログは 『大好きなモノに囲まれ、心地良い、頑張らない暮らし』を目指すモノマリスト(@coniiitan)のファッション×ライフスタイル ブログです。快適・機能的・長く使える”こだわり”のモノやライフスタイルについてお届けします。

脱!あふれるクローゼット!感謝しながらときめく服を残す方法!

こんにちは。ミニマリストのコニーです。

 

今日はコニー流服の整理方法をご紹介します。

その名は「感謝離」!

 

 

 

僕が「感謝離」をした理由

 

まず、そもそもなぜ服の整理整頓をするのでしょう。人それぞれ理由はあると思います。

 

僕の場合は

 

  • 毎日多くの服からその日着る服を選ぶことがストレスに感じた。
  • コーディネートを考える時間を短縮したかった。
  • 少ない服で生活できる体験をした。(以前のブログ

僕の場合この3つが大きな理由でした。

 

きっと整理整頓を考えられている方には他にも理由があると思います。(引越しをする。管理が大変。収納スペースがない…etc)
そんな方にとって少しでも参考になればいいなと思い今回はコニー流の感謝離術をご紹介します。

 

僕の感謝離の方法の流れ

 

  1. 持っている服を全部出す!!
  2. その中から直感的にときめく服を選び出す!!
  3. 一度全部着てみる!!(これ大事です)
  4. クローゼットやケースになおして眺める!!
  5. 自分を褒める!!!

です。

 

1.持っている服を全部出す!!

f:id:conilog:20190519115015j:image

(とりあえずオリャーと勢いで出しましょう)

 

これはいろんな片付け術に書かれていることで、こんまりさんの本にも書かれていますよね。まずは全て出しましょう。全ての服が対象です!(出す前のクローゼットやケースの写真を撮っておくとビフォーアフターが目に見えて達成感が味わえます。)
まずはフラットな気持ちで服と向かい合いましょう。高いお金を出して買ったから。プレゼントされたから。あの時褒められたから。とあれこれ理由をつけてしまいますが、大事なのは今の自分に合うものを残すことです。

 

2.その中から直感的にときめく服を選び出す!!

出した服から残す服を選びます。これはシンプルに一つ一つ手に取り直感的にときめいたのもだけを残すようにしましょう。直感って大事です。羽生善治さんの「直感力」という本の中に「直感の7割は正しい」という言葉がありました。そして直感=適当ではないのです。あなたの直感はあなたが人生で積み上げてきたものが瞬時にアウトプットされたものなのです。大丈夫、自分を信じてみましょう!
ちなみにときめかなかった服にも1着1着感謝しましょう。「今までありがとう」「少しでもワクワクさせてくれてありがとう」と言葉に出すって大事です。どうせ捨てるから、あげるからと思ってはいけません。服も一度でも選んでくれたあなたにきっと感謝しています!

ここまではこんまりさんを参考にした整理整頓の仕方です。
そして、ここからがコニー流感謝離のポイント!!

3.一度全部着てみる!!(これ大事!)

f:id:conilog:20190519120103j:image

(一人暮らし時代せっかく着たしWEARに載せてやろうと思って載せた時の写真)

次に2でときめいた服を一度着てみましょう。この時点でときめいた服が少ない人もいれば、たくさんときめいた方もいらっしゃると思います。
ここで大事なことは、その服が今の自分に似合うかどうかです!
きっと残った服の中には最近買ったものから3年前、もしかしたら10年以上前に買ったものまであるかもしれません。あの頃はすごく着ていてしっくりときていたなぁ。すごく似合うと言われていたなぁ。と思うものありませんか??

人って変わります。顔も体型も好みも暮らしもその他も。日々変化しています。変わってないと思っていても変わっているんです。
一番よくある話が久しぶりにスポーツやランニングしたらとても疲れたと感じたことありませんか?そんな時に「昔はこれぐらいはどうってことなかったのに」って言ってしまう人をよく見ます。
それは着る服も同じです。「昔は似合っていたのに」と思ったら変化の時です。服をかえるのもよし、その服に似合うように努力するのもよし。

それを知るためにも一度残そうと思った服を全て着て、着た姿を鏡で見てみましょう。

そこで自分の描いていたイメージと合わなかったら残さなくても大丈夫です。着てときめかないものはさよならしましょう。

 

ちなみに僕自身、写真の実家(4年前)、一人暮らし(2年前)、現在でかなり変わりました。ちなみに現在の春夏のクローゼットにある12着の服の中で3年以上前に買ったものって2着しかありません。長く大切に着るのも大事です。でも今の自分に合う服を着る方がもっと大事だと思います。

 

f:id:conilog:20190519120238j:image

(実家:4年前)
f:id:conilog:20190519120243j:image

(一人暮らし:2年前)

f:id:conilog:20190519120247j:image

(現在)

 

あ、あと手放すことでまた欲しくなったら、後悔したらって思いそうですよね。経験上、それはありません。なくても意外に大丈夫なんです。有益であろうと必要ないものってあるんです。

 

4.クローゼットやケースになおして眺める!!

ここまできたら後は仕上げです。残そうと思った服をクローゼットやケースになおしましょう。そして眺めましょう。淡い色(白)から濃い色(黒)の順番に並べてあげると綺麗に見えます。(一人暮らしと現在の写真がわかりやすいかもです)
どうでしょうか?片付ける前と見比べてスッキリしましたか?
スッキリしたと感じたならば今のあなたに合うものが残ったということです。
まだまだスッキリしないなと感じたならばまた1の過程からやってみましょう。
何度も何度もやってみるとどんどん自分のフィルターでろ過されて洗練されたクローゼットになるはずです。

 

5.自分を褒める!!

f:id:conilog:20190519120622j:image

(頑張ったで賞でお団子食べましょう!美味しい!)

最後は今まで頑張って片付けしてくれた自分を褒めましょう!
すごいエネルギーを使ったはずです。服にもありがとうを言ったはずです。もしかしたら最近で一番「ありがとう」を言ったと思います。

今日頑張った自分に心を込めて「ありがとう。よく頑張りました!😊」

これで終了です!本当にお疲れ様でした!

 

 

まとめ 

今回は服の感謝離方法を書きました。他にも色々な片付けのプロの方やミニマリストの方が方法を書いている記事があると思いますので、調べてみて自分に合った方法で試してみてください。

片付けって今の自分と向き合うすごくいい機会だと思います。

是非一度トライしてみてくださいね!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました☺️