コニログ〜心地良く暮らしたい人〜

コニログは 『大好きなモノに囲まれ、心地良い、頑張らない暮らし』を目指すモノマリスト(@coniiitan)のファッション×ライフスタイル ブログです。快適・機能的・長く使える”こだわり”のモノやライフスタイルについてお届けします。

ミニマリストの理想のワードローブとは?

こんにちは。ミニマリストコニーです。

 

今日はクローゼット、ワードローブについてのお話です。

 

衣類の整理をしようと思った時に、ネットで方法を調べるとよく【理想のワードローブ】なんて言葉を目にします。

 

なんとなく毎日着るお気に入りの洋服という意味なのかなと思って見ていましたが、調べて見ると

 

 

ワードローブ(wardrobe)
衣装戸棚。洋服だんす。また、個人の持ち衣装。

引用元

デジタル大辞泉

 

という意味が本来あるらしいです。ゆるミニマリスト的にワードローブの言い換えをすると【毎日手に取ってしまうお気に入りの洋服】ということでしょうか。

 

 僕は毎日の洋服選びや着こなしの下手さが嫌で、洋服が好きなのにストレスを感じている時期がありました。なので無意識に選んでも自分の気持ちがスッキリするクローゼットにしたい!と思い、そのようなクローゼットを目指しました。

 

理想のワードローブ

 

僕には憧れのワードローブ、理想のワードローブがあります。それはとある雑誌(ポパイだったような)を読んでいた時のこと。「すごく洗練されたクローゼットだなぁ」と惹きつけられたクローゼットの写真がありました。

それはYAECAというブランドのデザイナー、服部哲弘さんのクローゼットの写真でした。

f:id:conilog:20190618082920j:image

写真の中のクローゼットには白いシャツ2枚、白いTシャツ2枚、ベージュのチノパン2本、黒のスラックス1本、濃いグレーのカシミヤセーター、黒のパタゴニアのダウン。下にはビルケンシュトックのボストンのスエードとカーフが一足ずつ。

9本のハンガーに2足の靴が並べられていました。

 

元々デザイナーの服部さんはジョブズのファンで、同じものを着ていたいと思うことがあるかも。とおっしゃられていました。

 

このクローゼットを見た時に、いつか自分もこういう風になりたいなと思いました。
どれを選んでも、どれを組み合わせても素敵なコーディネートになるイメージができたからです。

 

過去のクローゼット

以前のブログでも書きましたが、昔の僕は本当に服持ちでした。

f:id:conilog:20190518072330j:image
f:id:conilog:20190518072338j:image

(1枚の写真で収まらなかった実家の洋服。上にも下にもたくさんありました)

 

実家に暮らしていた時の写真です。とにかくこの頃はファッション雑誌や服屋さんに行くのが大好きで、かなりの頻度で服を購入していました。買うと着ないといけないと思い毎日違う服を着ていたように思います。今思うと悩んで着替えてよくやっていたなと。朝の服選びにとても時間と頭を使っていました。


f:id:conilog:20190518072335j:image

(一人暮らし時代。とりあえずお気に入りだけ持ってきたという感じです)

近藤麻理恵(こんまり)さんの本を読んだこと、一人暮らしのクローゼットの大きさの制限もありだいぶ整理されました。

それでも少ないとはいえ服選びや組み合わせには悩んでいました。赤や黄色、パンツもシルエットの異なるものがあったからだと思います。統一感がなかった。

クローゼットはスッキリしましたが服を選ぶ際や組み合わせを考える際にはまだストレスを感じる部分があったように思います。

 

現在のクローゼット

f:id:conilog:20190518073643j:image

f:id:conilog:20190518073647j:image

 (今は春夏と秋冬でクローゼットをつくりかえています。着ないのにニットやダウンがあると視覚的に気になるので。)

かなり今の自分の理想に近づけたのではないかと思います。(ラックが低くてコートの裾がついてしまうので別にかけています。)

持つ服は基本的に白、ベージュ、グレー、ネイビーで統一するようになりました。
そのおかげである程度どのトップスとボトムを選んでも合うようになっていると思います。

服をかけた時の余白の感じもすごくしっくりきています。ハンガー12、3本ぐらいが今の自分のベストであることがわかります。

 

ちなみに靴は

f:id:conilog:20190518074251j:image

8足もありました。うーん。服の数から考えたら多い。靴は好きなアイテムなのでとりあえずはこの8足とお付き合いしていきます。(ちなみに同棲中の彼女は服の数は僕の5倍以上ありますが、靴は6足しかありません。これも個性ですね。)

靴一つで大分印象が変わると思っているで、服が多くない分ここで変化をつけるのが僕の特徴なのかもしれません。

 

 

まとめ

理想のワードローブ、クローゼットがあると毎日の服選びがとても気持ちよくできるようになりました。朝の服選びや着こなしに対するストレスから解放されました。

もし服選びや着こなしにストレスを抱えている方がいれば、今の自分の暮らし、気分と向き合ってみて、クローゼットを整えてみるのもいいのではないでしょうか。

きっと毎日の暮らしが今より少し快適になると思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました😊